記事検索

Appleが「Safari 5」公開〜高速化に加え、記事だけを抜き出す機能も


 米Appleは7日、Webブラウザーの最新バージョンとなる「Safari 5」を公開した。Windows 7/Vista/XP SP2とMac OS X 10.6.2/10.5.8以上に対応し、無料でダウンロードできる。

広告などを隠す読書モード「Safari Reader」

 Safari 5には、注目すべき新機能として「Safari Reader」が搭載された。これは、新聞などの記事を自動判別し、広告などを隠し、記事のみを表示できる読書モードだ。

 記事は自動的に判別されるため、アドレスバーの「Reader」アイコンをクリックするだけで、このモードが有効になる。ユーザーは、文字の大きさを変更して読みやすくできる。その場で印刷したり、メールで送信することも可能。設定した文字の大きさは、次回以降も引き継がれる。

「Safari Reader」を有効にして記事を表示した画面(左)と通常画面

JavaScriptエンジンを高速化、HTML5対応も強化

 Safari 5では、Nitro JavaScriptエンジンの高速化も図られている。この結果、有名なJavaScriptベンチマークテスト「SunSpider 0.9.1」では、Firefox 3.6の2.9倍であり、Safari 4より40%、Google Chrome 5.0より約3%高速だとしている。

 Safariの紹介ページには、これ以外にも2つのベンチマークテスト、「iBench HTML」と「iBench JavaScript」の結果を表示しており、いずれの結果でもSafari 5が最速という結果になっている。なお、興味深いことに、ベンチマークテストのページにはInternet Explorerが表示されておらず、Firefox、Opera、Chromeのみとなっている。

 そのほかに、ページ読み込み速度の高速化、DNSプリフェッチ、ページキャッシュの改良などにより、ブラウジングの高速化を図っている。

 さらに、HTML5への対応も強化された。HTML5ビデオのフルスクリーン再生やクローズドキャプションに対応したほか、「HTML5 Geolocation」「HTML5 sectioning elements」「HTML5 draggable attribute」「HTML5 forms validation」「HTML5 Ruby」「HTML5 AJAX History」「EventSource」「WebSocket」など新たに17のHTML5機能に対応している。

Safariとして初めて拡張機能を導入

Safari 5

 また、Safariとして初めて拡張機能が導入された。Safari 5の拡張機能はエクステンションと呼ばれ、HTML5、CSS3、JavaScriptを使用して開発する。開発ツール「Extension Builder」が用意され、エクステンションのパッケージ化が容易になっている。セキュリティを守るため、全てのエクステンションはAppleにより提供されるデジタル証明書が必要だ。そして、Safari 5のサンドボックス内で実行されるため、エクステンションがユーザーシステム情報にアクセスすることはできない。

 開発したSafari 5エクステンションはAppleに登録申請を行い、この夏に公開される「Safari Extension Gallery」で公開されることになる。ユーザーはここで好みのエクステンションを探し、インストールできるようになる。

 そのほかの改良として、アドレスバーであるスマートアドレスフィールドが改良され、ブックマークや閲覧履歴を対象に検索できる。かつて見たページを探す場合、該当するようなキーワードを入力していくと、インクリメンタルにページをサジェストしてくれる。タブ機能も改良され、新しいWebページは、別ウィンドウではなくタブで開けるようになった。

 Windows版では、ハードウェアアクセラレーション機能も導入された。これによりGPUの能力を生かし、リッチメディアや、グラフィックを高速で動作させることができる。

 また、これまで組み込み機能として対応していたサーチエンジンはGoogleとYahoo!だけだったが、新たMicrosoftのBingが追加された。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/6/8 12:38