記事検索

バッファロー、電源コンセントに直差しできる無線LANブリッジ


 バッファローは、IEEE 802.11a/b/g/n対応の小型無線LANブリッジ「WLAE-AG300N/V」と、同製品を2台セットにした「WLAE-AG300N/V2」を8月上旬に発売する。希望小売価格は、単体が7900円、2台セットが1万4600円(いずれも税別)。

 「WLAE-AG300N/V」は、本体サイズが72×103×41mm(幅×高さ×奥行)、重さが約155gの筐体に、100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANポートを2ポート備える。同梱するアタッチメント式プラグを使うことで、本体を電源コンセントに直接差し込めるようになっており、電源ケーブルを使わずにすっきりと設置できるのが特徴。長さ1.8mの電源ケーブルも付属しており、据え置きや壁掛け設置も可能だ。

 「WLAE-AG300N/V2」で同梱される2台は工場出荷時にペアリングされており、電源を入れれば、親機・子機といったことを意識することなく、無線チャンネルやセキュリティの設定も不要で接続されるという。その際、周囲の電波状況を確認して適切な無線チャンネルを自動で選択するが、2.4GHz帯よりも干渉が少ない5GHz帯(IEEE 802.11a/n)を優先。HD映像なども快適に伝送できるよう配慮した。

 例えば、有線LANポートのあるBlu-rayレコーダーとデジタルテレビなどにそれぞれ接続すれば、その間を簡単にワイヤレス接続して映像を伝送できる。また、一方をブローバンドルーターに接続すれば、デジタルテレビなどをインターネットに接続可能だ。なお、テレビなどの電源がオフの場合、自動的にスタンバイ状態となる節電機能も備える。

 バッファローでは、2台セットの「WLAE-AG300N/V2」を、デジタルテレビなどをワイヤレス接続するための“簡単スターターパック”と位置付けている。一方、単体の「WLAE-AG300N/V」はその増設・中継用を想定しているが、各種設定を手動で行うこともできるため、他の無線LAN製品と組み合わせて通常の無線LANブリッジとして利用することも可能だ。本体にはAOSSボタンを備えている。

 セキュリティ面では、暗号化方式としてWPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128bit/64bit)に対応しており、AES、TKIP、WEPの混在も可能。このほか、Any接続拒否、MACアクセス制限なども行える。





関連情報


(永沢 茂)

2010/6/10 06:00