記事検索

オリンパスのデジカメにウイルス混入、2009年7月発売の「μTOUGH-6010」


μTOUGH-6010

 オリンパスイメージング株式会社は、2009年7月に発売したデジタルコンパクトカメラ「μTOUGH-6010(ミュータフ6010)」の一部に、ウイルスが混入していることが判明したとして、謝罪するとともに、ユーザーに対してウイルス駆除などの対応を呼び掛けている。

 対象製品は1709台で、同社サイト上でシリアルナンバーを入力することで該当製品かどうか確認できる。該当製品の場合、カメラに混入したウイルスについては、内蔵メモリーをフォーマットすることで駆除できる(画像データなども消去される)が、同社にカメラを送付して駆除してもらうことも可能。

 さらに、カメラをPCにUSBケーブルで接続したユーザーは、PCにも感染している可能性があるため、ウイルス対策ソフトでの対応が必要となる。検出時のウイルス名はベンダーによって異なり、トレンドマイクロでは「WORM_AUTORUN.KFJ」、シマンテックでは「Trojan.Gen」、マカフィーでは「Generic!atr」。


関連情報

(永沢 茂)

2010/6/11 13:15