記事検索

首都大学東京、学生の「ドブス写真集」動画投稿を謝罪


 首都大学東京は18日、同大システムデザイン学部の学生が不適切な動画を作成し、YouTubeに掲載したとして、お詫び文をWebサイトに掲載した。

 YouTubeに「ドブス写真集を作るその過程」と題して投稿された動画は、「今日の日本においては、ドブスが絶滅の危機に瀕している」などとして、「ドブス写真集」を作る目的で、一般の女性に対して写真撮影を迫る過程を録画したもの。動画へのコメントやネット掲示板には批難の声が寄せられ、元の動画は既に削除されているが、女性にモザイクをかけた形で動画が転載されている。

 首都大学東京では、「撮影された映像を流され、ご迷惑をおかけしている方々、並びにその他多くの皆さまに、多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます」とした上で、現在事実確認を進めており、詳細を把握の上、当事者には厳正に対処するとしている。

 また、該当動画に氏名が掲載されている他大学の学生については、同大学生による無断掲載で、制作過程には一切の関与がないことを確認しているとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/6/18 17:17