記事検索

MasterCard装うフィッシング、サイトは現在も稼働中〜対策協議会が注意喚起


Mastercardを装ったフィッシングサイトの画面

 フィッシング対策協議会は21日、MasterCardを装うフィッシング詐欺が出回っているとして注意喚起した。同日14時時点でフィッシングサイトは閉鎖されておらず、同協議会には13件の報告が寄せられているという。

 フィッシングメールの件名は、「Important MasterCard Alert」や「MasterCard Account Holder」など。本文も英文で、オンラインシステムのアップデートにより新たな認証が必要だとして、偽サイトに誘導してカード番号などを入力させようとする。

 フィッシング対策協議会では、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中。フィッシングメールを受け取ったユーザーに対しては、URLをクリックして個人情報を入力しないよう呼びかけている。


関連情報

(増田 覚)

2010/6/21 14:56