記事検索

「Lunascape6.2」リリース、Geckoエンジンだけを入れ替え可能な構造に


 Lunascape株式会社は15日、ウェブブラウザーの最新バージョン「Lunascape6.2」をリリースした。Windows 7/Vista/XP/2000およびWindows Server 2008/2003に対応しており、同社サイトより無料でダウンロードできる。


Lunascape6.2

 Lunascapeは、「Trident」「Gecko」「WebKit」という3つのレンダリングエンジンを搭載した“トリプルエンジン”が大きな特徴だが、今回のバージョンではGeckoエンジンの実装方式を一新。Lunascape本体のバージョンを変えずに、Geckoエンジンのバージョンに入れ替えられるようにした。これにより、Geckoエンジンの脆弱性修正が行われた際などに迅速に対応できるほか、ユーザーがGeckoエンジンのバージョンを選択することも可能なため、特定のGeckoエンジンでのみ動作するウェブサイトやアドオンもLunascapeで利用できるとしている。

 現在、Lunascape6.2にはGeckoエンジン3.5.10(Firefox 3.5.10相当)を推奨バージョンとして同梱しているが、Lunascapeの実験サイト「Luna Lab」からGeckoエンジン3.6.4(Firefox 3.6.4相当)をダウンロードできる。今後はFirefox4系のGecko エンジンへの対応も検討していくという。


Geckoエンジンの実装方式の違い

 機能面では、「なぞり検索」を追加した。表示しているウェブページ上のテキストをマウスドラッグで選択すると検索メニューが表示され、選択しているテキストをキーワードとしてさまざまな検索が行えるというものだ。Internet Explorer 8の「アクセラレータ」に似た機能と言えるが、選択範囲を指定したとたんにクリック不要でメニューが表示される点が異なる。現在、Googleでのウェブ検索や翻訳、Amazon、楽天市場、Yahoo!オークションなど14の検索に対応しており、ユーザーがカスタマイズすることも可能。


「なぞり検索」で表示されるメニュー

 Lunascape6.2ではこのほか、タブの仕様変更や、複数の不具合修正なども行われている。


関連情報


(永沢 茂)

2010/7/15 18:17