記事検索

ネットスーパー8社の顧客カード情報1万2191件が流出


 株式会社NEO BEATは4日、同社直営および同社に事業を委託している7社のネットスーパーについて、顧客のクレジットカード情報1万2191件が不正アクセスにより流出したと発表した。

 対象となったネットスーパーは、NEO BEATの「お届け.com」のほか、ユニーの「アピタネットスーパー」、イズミヤの「楽楽マーケット」、大近の「Lucky&Pantry.net」、マルエツの「マルエツネットスーパー」、琉球ジャスコの「琉ジャスネットスーパー」、不二商事の「生鮮TOP便ネットスーパー」、フジの「フジネットスーパー『おまかせくん』」。各ネットスーパーではサイトを一時停止するとともに、サイトに案内文を掲載。問い合わせ窓口を設けて、顧客からの対応に当たっている。

 NEO BEATによると、7月24日〜26日にかけて同社のウェブサイトに対して、日本と中国の4つのIPアドレスから不正アクセスが行われ、データベース上のクレジットカード情報が窃取されたという。流出した情報は、カード番号、名義、有効期限などを含むクレジットカード情報1万2191件。

 各社が発表している情報流出件数は、ユニーが6272件、イズミヤが4720件、大近が395件、マルエツが237件、琉球ジャスコが187件、不二商事が179件、フジが125件。

 ユニーの発表によると、7月26日にユニーがクレジットカード会社からカード情報流出の可能性があるとの調査依頼を受けたことから、NEO BEATに対して調査を依頼。また、7月30日には不正使用と思われるカード番号の確認要請も受けているという。

 NEO BEATでは、セキュリティ会社のラックと共同で、流出した情報の詳細を調査していると説明。流出の可能性のあるカード番号については速やかに各カード会社と共有し、顧客に金銭的被害が発生しないよう対応していくとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/8/5 16:12