記事検索

「国会図書館サーチ」開発版が公開、全国図書館の蔵書や資料などを検索可能


「国立国会図書館サーチ」の検索結果ページ

 国立国会図書館は17日、全国の図書館の蔵書やデジタルライブラリー、学術論文などの情報が検索できる「国立国会図書館サーチ」の開発版を公開した。現在は開発段階のシステムを試験的に公開しており、2012年1月の本格稼働を目指すとしている。

 現時点で検索対象となっているのは、国会図書館の蔵書のほか、国会図書館が収集を行っている政府機関・協力機関のウェブサイト、全国の公共図書館・大学図書館の蔵書やライブラリー、国立情報学研究所の学術論文データベースなど。また、青空文庫、NPO法人連想出版の新書マップ、日本ペンクラブ電子分藝館、株式会社hon.jpの電子書籍検索も検索対象となっており、これらの情報をキーワードから横断的に検索できる。

 検索結果は、データベースや資料種別、所蔵館、出版年などによる絞り込みが可能で、検索結果に対する関連キーワードや連想キーワードも表示される。検索結果のRSSも利用でき、書籍については「カーリル」のシステムを利用した全国図書館の貸し出し状況検索や、オンライン書店の検索へのリンクも用意される。

 国会図書館では、国会図書館をはじめとする全国の図書館や博物館・公文書館など、各機関が持つ豊富な「知」を活用するためのアクセスポイントとなることを目指して、「国立国会図書館サーチ」の開発を進めていると説明。開発にあたっては、インターネットで普及しているサービスや実証実験などで実用化が検証された技術を積極的に採用して順次機能強化を行うとしており、外部から利用可能なサービスのAPIも提供する。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/8/18 06:00