記事検索

「QuickTime 7.6.8 for Windows」公開、2件の脆弱性を修正


 アップルは15日、「QuickTime 7.6.8 for Windows」を公開した。脆弱性の修正が含まれており、アップルではユーザーに対してアップデートを推奨している。対象OSはWindows 7/Vista/XP。アップルのサイトからダウンロードできるほか、「Apple Software Update」を通じてアップデートが行える。

 QuickTime 7.6.8 for Windowsでは、2件の脆弱性を修正。QuickTimeのActiveXコントロールに関する脆弱性と、QuickTime Picture ViewerのDLLファイル読み込みに関する脆弱性で、いずれも悪用された場合には任意のコードを実行させられる危険がある。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/9/16 12:30