記事検索

学研の「科学」がネットで復活、実験キット付きeラーニング


「湯本博文の親子で楽しむ【学研科学実験講座】」

 NTTナレッジ・スクウェア株式会社は16日、学習誌で知られる株式会社学研ホールディングスとの提携を発表した。その第1弾として28日から「湯本博文の親子で楽しむ【学研科学実験講座】」をeラーニングサイト「N-Academy」で公開する。2種類のコースがあり、受講料は実験キット6種、送料込みで各1万5750円。

 28日スタートの新講座は、学研が2010年3月まで発行していた小学生向け学習誌「科学」シリーズで人気の実験記事を、ネット向けの動画配信という形式で再現するもの。「科学」の付録でおなじみだった実験キットが受講者には配送され、動画を見ながら親子で楽しく学習できるという。

 各コースでは実験内容が異なる。Aコースでは大気圧をテーマとした「空気ポンプロケット実験セット」、Bコースでは磁石について学ぶ「強力じしゃく実験セット」など、それぞれに6種類の実験キットと動画解説が用意される。

 講師は、「大人の科学」シリーズの開発を担当し、「科学」シリーズの編集長も務めた湯本博文氏(学研科学創造研究所所長)。受講期間は8カ月で、期間中はいつでも任意の動画を視聴できる。なお、実験キットは講座申し込み時に一括配送される。

 NTTナレッジ・スクウェアと学研では、今後も講座の追加を計画。看護師向け医療講座、声優講座などを予定しているという。


関連情報

(森田 秀一)

2010/9/17 14:08