記事検索

McAfee、サイトの安全性も評価するURL短縮サービス「McAf.ee」ベータ版公開


「McAf.ee」の表示例

 米McAfeeは21日、URL短縮サービス「McAf.ee」ベータ版を一般に公開した。

 「McAf.ee」は、入力されたURLを「http://mcaf.ee/〜」形式のURLに短縮するとともに、McAfeeのデータベースによりページの安全性を表示するサービス。

 ユーザーが短縮URLのページにアクセスすると、上部にページの評価結果とカテゴリーが表示され、評価結果は緑(安全なサイト)、黄(疑わしいサイト)、赤(危険なサイト)の3色で示される。安全なサイトの場合には下部にそのまま対象ページが表示されるが、疑わしいサイトの場合には警告とページへのリンクが表示され、危険なサイトの場合は対象ページやリンクは表示されない。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/9/24 06:00