記事検索

YouTubeに著作権侵害コンテンツの責任求めた、スペイン放送局の訴え棄却


 ユーザーがアップロードした著作権侵害コンテンツの責任はYouTubeにあると主張していたスペインの放送局Telecincoの訴えをマドリードの裁判所が23日に棄却したことを、Googleが公式ブログで明らかにし、「インターネットの大きな勝利」と表現した。

 裁判所は、YouTubeがコンテンツオーナー向けに著作権侵害コンテンツの削除ツールを提供していることを指摘し、著作権侵害コンテンツを識別してYouTubeに通知するのは、著作権者の責任であることを認めたとしている。

 Googleによると、YouTubeには毎分24時間以上の動画がアップロードされているという。動画や写真、文章をウェブサイトで公開させる前に、サイト運営者がすべて検査しなければならないとなれば、YouTubeのみならず、FacebookやTwitter、MySpaceを含む人気サイトは休止しなければならなくなるだろうとGoogleではコメントしている。


関連情報


(永沢 茂)

2010/9/24 18:46