記事検索

NTTドコモ、Android 2.2搭載スマートフォン「GALAXY S」「GALAXY Tab」発表


GALAXY S
GALAXY Tab

 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は5日、SAMSUNG電子製のスマートフォン「GALAXY S」「GALAXY Tab」を発表した。発売予定は、「GALAXY S」が10月下旬、「GALAXY Tab」が11月下旬。10月15日から全国のドコモショップで「GALAXY S」の事前予約を受け付ける。

 「GALAXY S」(SC-02B)は、OSにAndroid 2.2を採用し、4インチ有機ELディスプレイ(400×800ドット)を搭載するスマートフォン。マルチタッチ操作に対応し、オリジナルの「Touch Wiz UI」を搭載。待ち受け画面上にmixiやTwitterの確認ができる「SNS browser」や、待ち受け画面からSNSに写真やメモなどを投稿できる「Days」を配置できる。

 ウェブブラウザーはFlashにも対応し、PC向けコンテンツの閲覧も可能。Evernoteのアプリケーションダウンローダーがプリインストールされ、ノートの作成やウェブページの保存、PDFファイルの保管などの利用できる。

 本体サイズは約122×64×9.9mm、重量は約118g。ハイビジョン動画撮影(720p)に対応した500万画素カメラを搭載し、ハイビジョン動画(720p)の再生にも対応する。通信機能は下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピードと、IEEE 802.11n/b/g準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0に対応。本体内蔵メモリーは16GBで、外部メモリーとしてmicroSDおよびmicroSDHC(最大32GB)の利用が可能。iモードのメールアドレスが使える「spモード」にも対応する。

 「GALAXY Tab」(SC-01C)は、OSにAndroid 2.2を採用し、7インチTFT液晶(600×1024ドット)を搭載するタブレット型端末。「GALAXY S」と同様にマルチタッチ操作対応で、「Touch Wiz UI」を搭載。ウェブブラウザーはFlashにも対応する。Evernoteのアプリケーションダウンローダーがプリインストールされるほか、「ThinkFree Office」を搭載し、WordやExcel、PowerPointの編集や、PDFの閲覧に対応する。

 本体サイズは約191×121×12.1mm。重量は約382g。オートフォーカス対応の外側カメラ(320万画素)と内側カメラ(130万画素)を搭載。通信機能は下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピードと、IEEE 802.11n/a/b/g準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0に対応。本体内蔵メモリーは16GBで、外部メモリーとしてmicroSDおよびmicroSDHC(最大32GB)の利用が可能。iモードのメールアドレスが使える「spモード」にも対応する。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/5 18:00