記事検索

Shockwave Playerに脆弱性、パッチ提供スケジュールを検討中


 米Adobe Systemsは21日、Shockwave Playerに脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。WindowsとMac OSのShockwave Player 11.5.8.612以前に影響するもので、クラッシュを引き起こされ、攻撃者にシステムを乗っ取られる可能性があるという。深刻度が4段階中で最も高い“critical”とレーティングされている。

 Adobe Systemsによると、すでに脆弱性の詳細も出回っているが、同社では今のところ、この脆弱性を突いたShockwave Playerへの攻撃の発生は確認していないとしている。

 Adobe Systemsでは現在、この脆弱性を修正するアップデートの提供スケジュールを検討中。


関連情報


(永沢 茂)

2010/10/22 12:10