記事検索

「Adobe AIR 2.5」公開、テレビやモバイル端末にも対応


 米Adobe Systemsは25日、Flashやウェブ技術を利用したアプリケーションを作成できる実行環境の最新版「Adobe AIR 2.5」を発表した。同社のサイトからダウンロードできる。

 最新版では、従来のWindowsやMacintosh、LinuxといったデスクトップOSに加え、BlackBerryやAndroid、iOSを搭載したスマートフォンやタブレット、テレビへの対応を図った。機能面では加速度計やカメラ、動画、マイク、マルチタッチ、ジェスチャーに対応。ジオロケーション技術もサポートし、位置情報に基づいたアプリの開発が可能となった。

 また、HTMLやSWFのコンテンツを統合し、アプリ内にネイティブなブラウザーコントロールを表示したり、SQLiteのサポートによってアプリ内で容易にデータベースを保存・キャッシングできるようになった。IntelやNVIDIAを含む主要半導体メーカーのハードウェアアクセラレーションにも対応した。

 なお、SamsungはAIR 2.5を組み込んだ初のテレビを投入すると発表。また、AcerやHTC、Motorola、RIM、Samsungなどのメーカーは、Adobe AIR 2.5をプリインストールしたタブレット端末やスマートフォンを年内遅く、もしくは2011年初頭に投入する予定だ。

 Adobe Systemsではこのほか、開発者がアプリを配信しやすくする新サービス「Adobe InMarket」も開始した。開発者は、AcerやIntelなどの異なるアプリストアで自ら開発したアプリを配信できる。


関連情報

(増田 覚)

2010/10/26 13:38