記事検索

Twitterアイコンが“戦闘力”に、ブラウザーで遊べる対戦ゲーム


 株式会社トランスメディアGPは11日、Twitterのアイコンデータを「戦闘力」に換算し、ユーザー同士で対戦するゲーム「Ficon! for Twitter」の提供を開始した。携帯電話のブラウザー向けに最適化されているが、スマートフォンやPCからも無料で利用できる。

 Twitterアカウントを入力すると、アイコンに設定された画像データから「基本ステータス」が生成され、さらにツイート数、フォロワー数、フォロー数に応じてステータスが変化する。

 これらの数値をもとに他のユーザーと対戦する。対戦相手はTwitterのIDで指名できるほか、フォロー/フォロワーや「Ficon! for Twitter」の登録者の中から任意もしくはランダムに選べる。

 対戦の結果次第で「ゴールド」や「経験値」を獲得できる。ゴールドを貯めて、アイテムショップで武器や防具などを購入したり、経験値を貯めてレベルアップして新しい魔法を覚えることも可能だ。

 成績上位入賞者にはプレゼントを提供する予定。今後は、仲間とともにイベントをクリアしてアイテムなどを獲得できる「クエストモード」や、勝ち残るアイコンを予想して、的中すれば倍率に応じた配当を得られる「格闘場」などのサービスを実装する。

 トランスメディアでは、会社としての知名度向上、広告モデル、アイテム課金モデルとしての収益の向上を図る。

ゲームのイメージ

関連情報

(増田 覚)

2010/11/11 15:08