記事検索

英会話教材「スピードラーニング」の海賊版USBメモリーを販売、男性逮捕


 北海道警生活経済課と生活安全特別捜査隊、厚別署は15日、「スピードラーニング英語」(全48巻)の海賊版USBメモリーをインターネットオークションで販売していた札幌市の古着店経営の男性(38歳)を著作権法違反の疑いで逮捕し、16日に送検した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が16日、発表した。

 スピードラーニング英語は、ゴルフの石川遼選手を起用した広告でも広く知られている英会話教材。株式会社エスプリラインが著作権を保有しており、全48巻を一括購入した場合の正規価格は16万1280円。男性は、この教材の音声データやPDFのテキストデータを権利者に無断でUSBメモリー3個に複製し、今年4月10日ごろから同年4月25日までの間に、1個5800円で、計3人に販売していた。このほか警察の調べによると、今年3月ごろから5月ごろまでの3カ月間に、約100人にUSBメモリーを販売し、約100万円を売り上げていたという。

 また、出品画面上には「スピードラーニングを始める方にちょうどいいメモリ容量」などと説明し、USBメモリーのみを販売しているように装っていたという。


関連情報


(永沢 茂)

2010/11/16 14:56