記事検索

東京都、青少年健全育成条例の改正案を今月末からの都議会に再提出


 東京都は、「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を、30日に本議会がスタートする2010年第4回定例都議会に再提出する予定だ。

 都議会に提出される条例案の概要は、告示日である22日に正式に報道発表される。また、25日に開かれる都議会の総務委員会において、同条例を担当する青少年・治安対策本部から提出予定案件について説明が行われる予定となっている。

 携帯フィルタリングサービスの解除手続きを厳格化することなど、インターネット関連の新たな規制などを盛り込んだ改正案は当初、第1回都議会に提出されたが継続審議となり、次の第2回都議会で否決された。漫画やアニメなどに描かれた「非実在青少年」に関する規制を盛り込んだことが大きな議論を呼んだほか、インターネット規制についても定義があいまいといった指摘も上がっていた。

 青少年健全育成条例の改正によって携帯フィルタリングサービスの解除手続きを厳格化し、利用の徹底を図る動きは、埼玉県や神奈川県でもある。両県ともに改正が行われ、埼玉県ではすでに10月1日から施行。神奈川県でも2011年4月1日から施行される予定。


関連情報


(永沢 茂)

2010/11/19 14:25