記事検索

食事写真からカロリー推定、健康増進支援のクラウドサービス実証実験


 NTTコミュニケーションズ株式会社、NTTレゾナント株式会社、foo.log株式会社の3社は22日、「健康増進アシストサービス(仮称)」の実証実験を2011年1月上旬をめどに共同で開始すると発表した。携帯端末で撮影した食事の写真からカロリーを自動で推定算出するとともに、位置情報や加速度情報をもとにウォーキング時などにカロリー消費量を自動算出。クラウド上に記録したこれらのデータをもとに、お勧めのレシピやエクセサイズを提案するという。

「健康増進アシストサービス(仮称)」の仕組み

食事画像解析の概要

 実験では、スマートフォン向けアプリを無償ダウンロード提供する予定。食事前に写真を撮影すれば、カロリー算出や、主食/副菜/主菜/牛乳・乳製品/果物といった「食事バランスガイド」上の区分・量を自動推定し、クラウド上にデータを蓄積する。東京大学で開発された食事画像解析技術のライセンス提供を受け、foo.logがシステムを開発した。

 また、体重計や歩数計などの健康管理機器との連携で、簡単に体測値データを登録できるようにするという。ライバル比較など、モチベーション維持のためのソーシャル機能なども提供する。

 実験モニター募集の詳細は、今後告知する予定。アンケート調査などをもとにサービス改善を図り、2011年度以降の商用化を目指す。


関連情報


(永沢 茂)

2010/11/22 15:36