記事検索

ビックカメラ.comがサービス再開へ、全ユーザーのパスワード変更


 ネットショッピングサイト「ビックカメラドットコム」が不正アクセスを受けて会員情報の流出した問題で、株式会社ビックカメラは一時閉鎖していた同サイトを24日14時に再開する。第三者機関のセキュリティ診断により、サイトの安全性が確認されたため。

 サイトの再開にあたっては「安全性確保のため」(ビックカメラ)、現在使用しているビックカメラドットコムのパスワードをすべて変更した。新しいパスワードは、メールまたはダイレクトメールにて順次送付しているという。

 安全確保のための暫定措置として、ビックカメラドットコムでのポイント使用・会員登録の変更を停止。これらの措置は再開後の状況を確認しながら順次解除する。また、クレジットカード情報の事前登録のサービスは停止する。なお、ポイントの加算は従来通り行われる。

 ビックカメラドットコムは今回の不正アクセスにより、会員20人のIDとパスワードが悪用され、会員のポイントが不正使用されたという。ビックカメラによれば、12日に会員より「身に覚えのない商品の購入確認メールが届いた」との連絡があり、調査したところ、13日に不正使用の事実を把握し、同日中にサイトを閉鎖していた。


関連情報

(増田 覚)

2010/11/24 11:55