記事検索

AVGの最新アップデート適用後、再起動ループに陥る問題が発生


 セキュリティソフト「AVG」において2日、最新プログラムのアップデートを適用後、PCが再起動ループに陥るという深刻な問題が発生した。

 日本でAVG製品を扱っている株式会社コージェンメディアが同日、AVGの日本公式サイト上で告知したところによると、問題が発生したのはバージョン「10.0.1170」のエンジンで、「AVG 2011」シリーズの各製品が対象。現在、問題を引き起こすプログラムアップデートは停止しているという。

 また、問題が発生したのはWindows 7の64bit環境およびWindows Vista/XPの64bit環境だという。アップデート適用後、再起動するよう表示され、PCを再起動させると、以後、再起動が繰り返される。Windows XPでは、再起動後にブルースクリーンが表示される場合があるとしている。

 2日に入ってから、AVGの英語版公式フォーラムに複数の報告が寄せられていたほか、日本でも2ちゃんねるにユーザーからの報告が相次いだ。これらの中には、Windowsのシステムの復元も効かないといった投稿や、セーフモードでの起動すらできないといった投稿もあった。

 コージェンメディアでは、問題の解決方法として、ダウンロード提供しているソフト「AVG Rescue CD」を使用する方法を紹介している。同ソフトを記録したCD-Rから起動し、AVGの実行ファイルをリネームすることで、Windowsを起動できるとしている。

【追記 18:30】
 コージェンメディアが16時25分までに追加発表した内容を受け、問題の発生する環境にWindows Vista/XPの64bit環境を加えるなどの加筆・修正を行いました。

【追記 20:00】
 コージェンメディアが18時50分に問題の解決方法を告知したことを受け、加筆・修正を行いました。


関連情報


(永沢 茂)

2010/12/2 15:15