記事検索

2011年に注意すべき12のオンライン詐欺、マカフィーが発表


 マカフィー株式会社は13日、2011年に注意すべきオンライン詐欺をまとめた「2011年、12のオンライン詐欺」を発表した。金銭や個人情報を盗み出すオンライン詐欺などに注意を呼びかけている。

 「12のオンライン詐欺」の一例としては、iPadが無償で入手できると偽り、スパムメールやソーシャルメディアを悪用してクレジットカード番号や携帯電話番号を入力させようとする「iPad無料提供詐欺」を紹介している。

 また、手頃な価格で宿泊先を探すことの多い休暇時期を狙い、偽のホテルサイトを開設する詐欺にも用心すべきだと説明。この詐欺では、偽サイトを通じてクレジットカード決済を行わせ、宿泊費を不正に入手される恐れがあるとしている。

 このほか、「偽のメッセージによる旅行詐欺」「偽のオンラインギフトカード」「偽の転職紹介メール」「安価なオンラインショッピングオファー」「危険なフリーソフトダウンロード」「ホテルや空港の無線LAN」など12の詐欺について注意喚起している。


関連情報

(増田 覚)

2010/12/13 13:10