記事検索

ドコモ、AndroidのspモードメールをWi-Fiで利用可能に


 NTTドコモは、Android端末向けに提供しているspモードにおいて、無線LAN(Wi-Fi)に接続した状態でもメールを送受信できるよう、2月1日よりサービスを拡充する。また、spモードのオプションサービスに公衆無線LANサービスが追加される。

 今回のサービス拡充により、spモードを契約したAndroid端末では、Wi-Fiに接続した状態でもspモードメールの送受信が可能になる。新着通知はFOMAのネットワークを利用して行われるため、自動受信についてはFOMAの圏内である必要がある。手動の受信操作であれば、 FOMAの圏外でもメールを受信可能。

 利用にあたっては、spモードメールアプリのアップデートが必要。アップデートは2月1日午前9時より提供される。Webサイトの「sp モード各種設定」サイトでWi-Fi利用設定を有効にし、spモードメールアプリでWi-Fi接続確認を行うと、Wi-Fi環境でも利用できるようになる。

spモードユーザー向けに公衆無線LANサービス

 2月1日からは、spモードのオプションサービスとして、Mzoneの3200エリア、6800カ所のアクセスポイントを利用できる公衆無線LANサービスが提供される。spモードを契約しているユーザーは、月額315円で契約が可能。Windows Mobile端末を含む、spモード対応の9機種で利用できる。

 また、すでに実施されている「公衆無線LAN新規お申込み無料キャンペーン」の対象となり、2月1日〜4月30日までに新規で契約すると、月額315円が1年間無料になる。


関連情報

(太田 亮三)

2011/1/24 20:33