記事検索

PayPalをかたるフィッシングメールに注意、日本語の偽ログインページへ誘導


 フィッシング対策協議会は27日、PayPalをかたるフィッシングメールが出回っているとして緊急情報を公開した。同日13時現在も誘導先の日本語の偽サイトが稼働中だとして、アクセスしたり、個人情報を入力してしまわないよう注意を呼び掛けている。

 このフィッシングメールは英語で、件名は「Invoice - Pending Authorization」「Invoice - Your Payment Is Pending」。本文は、Skypeへの1600円の送金手続きがあったが、これをキャンセルする場合はアカウント認証が必要だとして、偽サイトに誘導する。

 偽サイトは、PayPalの日本語ログインページそっくりで、メールアドレスやPayPalパスワードの入力フォームがある。


関連情報


(永沢 茂)

2011/1/27 15:54