記事検索

「Hotmail」に別名のメールアドレスを利用できる機能が追加


 米Microsoftは3日、メールサービス「Windows Live Hotmail」で別名のメールアドレスを追加できる機能の提供を開始した。

 Windows Live Hotmailではこれまで、メールアドレスに「+」記号を使ったエイリアスを作成する機能を提供してきた。例えば、「doctor-smith@live.com」というメールアドレスの場合には、「doctor-smith+shopping@live.com」というアドレスに送られたメールも元のアドレスで受け取れるようになっているが、この機能では元のアドレスは容易に判明してしまう。

 Microsoftでは新たな機能として、全く別名のメールアドレスを追加できる機能の提供を開始。これにより、通販業者などに本来のメールアドレスを通知することなくサイトの利用が可能となり、別名のアドレスがスパム業者などに流出してしまった場合には、そのアドレスの利用を停止するだけでいいといったメリットがあるとしている。

 Hotmailの別名アドレスは1年間に5個追加でき、最大で15個の別名アドレスが利用可能。Hotmailのアカウント設定画面から「電子メールアドレスの関連付け」→「電子メールアドレスの追加」を選択することで、別名メールアドレスが追加できる。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/2/7 19:27