記事検索

HTML5の勧告は2014年が目標、W3Cがスケジュール示す


HTML5のロゴ

 World Wide Web Consortium(W3C)は14日、HTML5標準の仕様策定スケジュールについて、2014年の仕様勧告を目指すことを明らかにした。これに先立ち作業部会では、「ラストコール」と呼ばれる最終草案を2011年5月に公開する。

 ラストコールがかかった後は、実装実績を積み重ねるフェイズに移行するが、W3Cでは、2014年の勧告に向け、フル仕様の互換性を実現するための統合テストスイートを開発するという。


関連情報


(永沢 茂)

2011/2/16 20:09