記事検索

Appleが「iPad 2」発表、薄くなりホワイトモデルも。日本は3月25日発売


 米Appleは米国時間2日、次期タブレット端末「iPad 2」を発表した。3月11日に米国で発売し、日本を含む26カ国では3月25日に発売する。

「iPad 2」。ホワイトモデルも同時発売

 iPad 2では、新たにデュアルコアプロセッサーの「A5」を搭載。CPU性能は2倍、グラフィック性能は9倍になるが、消費電力は変わらないため、従来のiPadと同様にバッテリーで10時間駆動するとしている。

 本体サイズは241.2×185.7×8.8mm(高さ×幅×厚さ)、重量はWi-Fiモデルが601グラム、Wi-Fi+3Gモデルが613グラム。従来のiPadから約33%薄く、約15%軽くなった。ディスプレイは従来のiPadと同様に9.7インチIPS液晶で、解像度は1024×768ドット。

従来のiPadから約33%薄くなった

 新たなハードウェアとしては、背面と正面に2つのカメラを搭載し、ビデオチャットの「FaceTime」に対応。背面カメラはHD(720p)画質、正面カメラはVGA画質の動画・静止画の撮影が可能。また、新たなセンサーとして3軸ジャイロスコープを搭載する。

 カラーバリエーションには新たにホワイトモデルを追加。米国ではAT&TとVerizon Wiressの2つのキャリアで同時に発売する。価格は従来のiPadと同額で、米国の場合はWi-Fiモデルの16GBが499ドル、32GBが599ドル、64GBが699ドル。Wi-Fi+3Gモデルの16GBが629ドル、32GBが729ドル、64GBが829ドル。

 OSには「iOS 4.3」を搭載し、SafariのJavaScriptが従来の2倍に高速化。パーソナルホットスポット(テザリング)機能や、iTunesライブラリをワイヤレスで共有できる「iTunesホームシェアリング」機能を搭載するほか、iPad本体横のスイッチをスクリーンの回転ロック機能とミュート機能のどちらに割り当てるかを選べるようになる。

 他のデバイス用のiOS 4.3も3月11日公開予定で、iPhone 4/3GS、iPod touch(第4/3世代)、iPadで利用できる。

 このほか、iPad 2に対応した写真加工ソフト「Photo Booth」や、動画編集ソフト「iMovie」、楽器の演奏ソフト「GarageBand」、新たなアクセサリーとしてマグネット内蔵のカバー「Smart Cover」などが発表された。

マグネット内蔵のカバー「Smart Cover」
折り畳んでスタンドとしても使用できる

関連情報

(三柳 英樹)

2011/3/3 05:28