記事検索

ソフトバンク、東日本の地震で全メールを1週間無料に


 ソフトバンクモバイル株式会社は、東北地方太平洋沖地震および長野県北部の地震の発生を受けて、3月11日から1週間、同社のユーザーがやり取りする全てのメールを無料にする。

 今回の措置は、被災地のユーザーと気兼ねなく連絡できるよう、配慮して実施されるもの。無料となるメールは、同社提供のメールサービスが対象となる。iPhone向けの「Eメール(i)」は、定額適用前のパケット通信料から1000円割り引く。たとえば標準プライスプランでパケット使用量が100万パケットであれば、1パケット0.084円で計8万4000円の通信料という計算になり、そこから1000円割引される。また、プリペイドサービスの「プリモバイル」は「メールし放題」が有効なユーザーの残高に一律で300円追加される。

 同社では12日、SMSの無料化を発表していたが今回その対象を拡大し、同社ユーザー間だけではなく、他社の携帯電話やパソコンとやり取りするメールも無料となった。同社のネットワークを利用するディズニー・モバイルでのメールも対象となる。一方、通信量が殺到すると被災地域での携帯電話が利用しづらくなるとして、緊急性の低い通話やメールはできるだけ控えるよう案内している。

 


関連情報

(関口 聖)

2011/3/13 18:40