記事検索

Googleの「自動車・通行実績情報マップ」、トヨタと日産の通行データを追加


Googleの「自動車・通行実績情報マップ」

 Googleは28日、東日本大震災の被災地域内で通行実績のあった道路をGoogleマップ上に表示する「自動車・通行実績情報マップ」のデータを、特定非営利活動法人ITS Japanのデータに切り替えたことを公表した。

 「自動車・通行実績情報マップ」は、被災地への救援・支援活動に向かう人の参考として、前日に自動車の通行実績があった道路をGoogleマップ上に表示している。

 これまで、本田技研工業会社(ホンダ)が運営する「インターナビ・プレミアムクラブ」と、パイオニア株式会社が運営する「スマートループ」が作成した通常実績情報の提供を受けてマップに表示していた。

 今回、ITS Japan提供のデータに切り替えたことで、従来のホンダとパイオニアのデータに加え、トヨタ自動車株式会社が展開する「G-BOOK」から作成されたデータと、日産自動車株式会社が運営する「カーウイングス」から作成されたデータが追加され、より幅広い地域の通行実績が見られるようになった。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/3/29 18:07