記事検索

違法動画投稿で「著作権学校」行き、YouTubeが著作権教育ページ公開


「著作権学校」トップページ

 YouTubeは14日、著作権に関する新しいチュートリアルページ「著作権学校」を公開するとともに、著作権のヘルプセンターも刷新した。ユーザーは、自分のアップロードした動画が権利者から「著作権侵害」としてYouTubeに報告された場合、「著作権学校」行きを通告される。

 著作権学校では、著作権を指導する動画を見た上で、コンテンツの著作権を配慮したり、理解していることを示すために、クイズに答えることとなる。クイズは合計4問。全問正解すると著作権学校の修了となるが、それまでは新たな動画をアップロードすることができない。

 クイズの内容は「YouTube動画に対して、故意に(いたずらや嫌がらせで)嘘の著作権侵害を申し立てると、損害賠償を請求されることがある。」や「自分で購入したコンテンツであれば、YouTube にアップロードしても著作権侵害にはならない」などで、選択式で回答する。

 YouTubeはこれまで、著作権侵害の通知を3回受け取ったユーザーのアカウントを凍結する、いわゆる「3ストライクポリシー」を適用しており、通知の履歴は消去されることなく、アカウントに蓄積されていた。しかし、今後は一定条件を満たすユーザーを対象に、このルールを改正する。具体的には、長期間にわたって侵害行為をせずに著作権学校を修了したユーザーに対しては、著作権侵害の通知をアカウントから消去する。


関連情報


(増田 覚)

2011/4/15 18:33