記事検索

Gmail Labsに、バックグラウンド送信機能が登場


 ウェブメールサービス「Gmail」の実験的機能を提供する「Gmail Labs」に、バックグラウンド送信機能が追加された。

 この機能は、メール送信後、送信完了を待つことなくGmailで別の作業ができるようにするもので、バックグラウンドで送信作業を行ってくれる。複数のメッセージを同時にバックグラウンドで送信することも可能だ。特にサイズが大きいメールを送信する際に役立つ機能と言えるかもしれない。

 この機能を利用するためには、Gmail Labsの設定画面から「バックグラウンドで送信」を有効にする必要がある。

Gmail Labsに追加された「バックグラウンドで送信」機能

 注意点として、バックグラウンド送信中に問題が発生した場合に、画面上部に赤色で警告メッセージが表示される。その場合、修復を行わない限り、メッセージの送信が完了することはない。修復を行わないでGmailやコンピューターをシャットダウンしてしまった場合、メッセージは送信されないか、失われることになってしまうので注意が必要だ。

 利用する際には、必ずメッセージ送信が完了した旨のメッセージが表示されるたことを確認し、それからシャットダウンすることを心がける必要がある。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/4/26 12:10