記事検索

キングソフト、プライバシー保護が充実のAndroid向けセキュリティアプリ


 キングソフト株式会社は27日、Android向けセキュリティアプリ「KINGSOFT Mobile Security for Android」を公開した。価格は1980円で、ライセンス期間は無期限。Androidマーケットからダウンロードできる。Android 2.3/2.2/2.1に対応する。

 Androidを標的とした悪質なアプリやウイルスを検出・削除するセキュリティ機能に加えて、「プライベートフォルダ」や「通話履歴管理」などのユーティリティ機能を備えている。

 セキュリティ機能は、スキャンした端末内のファイルを「非常に危険」「危険」「やや危険」「安全」の4段階でリスクを表示。危険なファイルの詳細を閲覧し、必要に応じてワンクリックで削除することが可能だ。

 Androidにインストールしたアプリに関しては、クラウドからのスキャンも行える。クラウド上のデータベースには、端末側に配信されていない最新のウイルス定義ファイルが収録されており、これとアプリを照合することで最新の悪質なアプリも検出できるという。

 ユーティリティ機能としては、パスワードを設定した「プライベートフォルダ」に特定の連絡先を登録することで、その連絡先の通話履歴やSMSを第三者から閲覧できなくすることが可能。プライベートフォルダは名称の変更も可能だ。

 プライベートフォルダに登録した人物からの着信は、「会社 田中」などの別の名称を表示することも可能。その連絡先は通常の通話履歴に表示されず、プライベートフォルダ内の通話履歴のみに表示されるため、プライベート情報が保護されるという。

 ユーティリティ機能としてはさらに、ホワイトリストとブラックリストを作成することで、特定の番号や名前・名称からの電話やSMSの許可・拒否の設定が行える「通話履歴管理」を搭載する。

 このほか、海外滞在中にパケットの使いすぎを防ぐために、メールやウェブサイト閲覧、アプリ機能の通信などでやりとりするパケット料を表示する「パケットチェッカー」も備える。事前に設定したパケット量に達する前に通知することが可能だ。

 キングソフトは今後、「KINGSOFT Mobile Security for Android」パッケージ版を全国の家電量販店で販売する予定。

セキュリティチェックのイメージ
プライベートフォルダのイメージ

関連情報

(増田 覚)

2011/4/27 15:34