記事検索

着信したように見せかけるiPhoneアプリ「ねつ造電話」


 株式会社ジェネシックスは9日、電話がかかってきたように見せかけられるiPhoneアプリ「ねつ造電話」の提供を開始した。価格は230円だが、リリース記念キャンペーンとして6月30日まで115円で販売する。App Storeからダウンロードできる。

 着信開始時間を5秒・10分・30分・60分後のいずれかに設定して画面をタップすると、設定した時間に電話が鳴る。着信画面に表示する発信者名は、iPhoneの連絡帳から設定できる。iPhoneのサウンド設定と同様、着信音やバイブレーションのオン・オフも選べる。

 着信中は本物の着信とほぼ同じ画面アクションとなる。また、着信を拒否しても、リピート着信機能により1分後に再度電話が鳴るため、緊急の電話を装えることも特徴だとしている。

 「ねつ造電話」の用途としてジェネシックスは、次の約束の時間が迫っている商談や退屈な飲み会を抜け出したいとき、期待はずれの相手とのデートを切り上げたいとき、多忙な自分を演出したいとき――などを挙げている。


関連情報

(増田 覚)

2011/5/10 15:18