記事検索

Googleのブログサービス「Blogger」が20時間半に渡るサービス障害


 米Googleは13日、ブログサービス「Blogger」に20時間半に渡るサービス障害が発生したとして、障害の概要を公表するとともに謝罪のコメントを発表した。

 Bloggerのサービスでは、ユーザーの新規投稿ができなくなったり、投稿した記事が消える、意図しないブログやエラーページが表示されるといった不具合が発生していた。

 Googleによると、11日の夜に定期的なメンテナンス作業を行っていたが、その際に一部データの破損がサービスに影響を与えていることが確認されたという。12日にはBloggerをメンテナンス前の状態に戻すとともに、Bloggerを読み取り専用の状態にしてサービスの復旧を行ったが、そのためユーザーの新規投稿が行えず、11日の状態に戻したことで投稿が消失することがあったとしている。

 また、一部のユーザーについてはアカウントに関する問題も発生したが、影響を受けたユーザーは全体の0.16%程度だと説明。Googleでは、今回の障害について謝罪するとともに、再発防止に最善をつくすとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/5/16 12:22