記事検索

JASRAC、違法音楽配信「第3世界」の運営者らに1億7000万円の損害賠償請求


 一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は25日、違法音楽配信サイト「第3世界」(3は丸付き数字)の運営者らに対して、JASRACの管理楽曲を無断で配信利用し、著作権を侵害したことによる損害金1億7000万円余りの支払いを求める訴えを東京地方裁判所に提起したと発表した。

 「第3世界」は、約2万曲のJASRAC管理楽曲を無断で不特定多数の者にダウンロードさせていた携帯電話専用サイト。運営者らは2008年に京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室などによって逮捕され、京都地方裁判所において有罪判決が確定している。

 JASRACでは、「第3世界」の運営者はアフィリエイト広告などにより約1億2000万円もの不正な収入を得ており、刑事事件の公判においてその収入を被害弁済に充てるとして情状酌量を求めていたにも関わらず、一向に損害金の支払いをしないため、今回の提訴に至ったとしている。

 また、今回の提訴では、「第3世界」に対しレンタルサーバーを提供することにより運営者らの著作権法違反を幇助していた株式会社エーウォーカーおよびその取締役であった者に対しても、運営者と連帯して損害金の支払いを求めている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/5/26 06:00