記事検索

国会図書館、1920年代からのSP盤など「歴史的音源」公開、一部ネットでも


 国立国会図書館は5月31日、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した音楽・演説などの「歴史的音源」を提供開始した。多くは館内で提供するかたちだが、一部はインターネットでも公開している。

「歴史的音源」のウェブページ

 1920年代から1950年代に国内で製造されたSP盤など2485点について、国会図書館の施設内で提供する。NHK、ビクターエンタテインメント、EMIミュージック・ジャパン、日本コロムビア、キングレコード、テイチクエンタテインメントの6レーベルの音源が含まれているという。

 このうち著作権および著作隣接権の保護期間満了を確認した99点を、同館のウェブサイトにおいてFlash形式でストリーミング配信している。例えば、三代目三遊亭圓馬(1882〜1945年)の落語「三人旅」(ビクター、1928年)などがある。

 なお、歴史的音源のウェブページでは、インターネット公開していない音源についてもリストの閲覧や検索、書誌情報の確認が可能だ。

 6月末に1万8361点(うちインターネット公開は487点)を追加するのをはじめ、最終的に約5万点の音源を公開する予定だ。また、公立図書館でも全音源を視聴できるよう検討・準備を進めていくとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/6/1 06:00