記事検索

文化庁と国会図書館が協定締結、マンガやアニメ、ゲームのアーカイブ構築


協定文の一部

 文化庁と国立国会図書館は18日、「我が国の貴重な資料の次世代への確実な継承に関する協定」を締結したと発表した。

 歴史的・文化的価値のある作品・資料の適切な収集・保存および活用について、いっそうの緊密な連携・協力を行っていくことを表明。当面の具体的な分野として、1)テレビ・ラジオ番組の脚本・台本の所在状況の調査および重要資料の保存についての検討、2)日本で出版された楽譜などの音楽関係資料の所在情報のデータベース作成および公開、3)マンガ、アニメ、ゲームなどのメディア芸術のアーカイブ構築の推進――の3分野を挙げている。

 協定文では、図書や新聞、雑誌、CD/DVDなどの出版物は国会図書館に保存、また、美術品や歴史、芸術、民族、産業、自然科学などに関する資料は美術館や博物館に保存されている一方、これまで収集・保存の対象とされてこなかった分野の文化的作品・資料については、所在の把握や体系的な収集・保存がなされていないと説明。日本の歴史・文化の正しい理解のために不可欠な貴重な作品・資料が散逸・消失することのないよう、適切な収集・保存・活用を図る必要があるとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/5/18 19:06