記事検索

Googleの「+1」ボタン、一般サイトでも設置可能に


 米Googleは5月31日、“Google版いいね!”とも言える「+1」ボタンについて、一般サイトなどにも提供を拡大すると発表した。

 「+1」ボタンは3月末、Googleの検索結果ページへの導入が発表されていた。検索結果の横に表示される同ボタンをクリックすることで、気に入った検索結果を推薦でき、Googleプロフィールに登録されているソーシャルネットワークの友人の検索結果でもお勧めとして共有される仕組み。

 今回、「+1」ボタンの提供範囲を、他の一般のウェブサイトにも拡大したかたちだ。

 Googleでは、The Washington Post、O'REILLY、TechCrunchなど10社あまりと提携。数日中に、それらのサイト上で「+1」ボタンが表示される。Googleが運営するYouTube、Android Market、Bloggerなどのサイトでも表示するとしており、これらのサイトの閲覧者は、気に入った記事などを「+1」ボタンで推薦できるようになる。

 一般のウェブサイト運営者が、「+1」ボタンのコードを自身のウェブページに貼り付けることで同ボタンを設置することも可能だ。なお、ボタン自体は44言語に対応しているが、「+1」によるお勧めが検索結果に反映されるのは今のところ、Google.comの英語版のみだとしている。

「+1」ボタンのコード生成ページ




関連情報


(永沢 茂)

2011/6/2 12:29