記事検索

「World IPv6 Day」、KDDIはauスマートフォンやau one netに影響の可能性


 KDDI株式会社は3日、6月8日に実施される世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」について、auのスマートフォンやISPサービス「au one net」などで発生する可能性のある影響についてアナウンスした。

 「World IPv6 Day」は、6月8日の24時間(日本時間では6月8日午前9時から)にわたり、各社が提供する自社のサービスをIPv4とIPv6の両方に対応させ、その影響を探るトライアル。GoogleやYouTube、Yahoo!、Facebookなど各社のサービスが対応を表明している。

 auの携帯電話では、「IS04」「IS06」「EVO ISW11HT」のスマートフォンを利用し、無線LANによりNTT東西のフレッツサービス経由でインターネットに接続し、SSL通信を行った場合に、特定サイトの閲覧やサービスの利用ができないことが確認されたという。対処方法としては、影響が発生した場合には一時的に無線LANをオフにすることで、3G接続となり正常に利用できるとしている。

 ISPサービスの「au one net」では、フレッツ各コースを利用している場合に、特定サイトの閲覧やメールの送受信などが利用できない現象が発生する可能性がある。Windows 7/Vista/XPのほか、IPv6設定が可能なOSが影響を受ける可能性があるとして、対処方法としては一時的にIPv6を使用しない設定への変更を挙げている。

 また、法人向けサービスについても、「KDDIインターネット」「KDDI光ダイレクト インターネットオプション」「ADSL one 50(事業所用)」「KDDI Wide Area Virtual Switch Virtualデータセンター セキュア・インターネット」「KDDI IP-VPN インターネット接続GW型」の各サービスは、影響を受ける可能性があるとしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/6/6 14:20