記事検索

NTTドコモ、「ホームU」を2012年8月末で終了


 NTTドコモは、自宅のブロードバンド回線と無線LANルーターを携帯電話から利用するサービス「ホームU」を2012年8月31日で終了する。サービス終了に先立ち、今年8月31日で新規受付を終了する。

 「ホームU」は、2008年6月より提供されているFMCサービス。自宅のブロードバンド回線と無線LANルーターを介して、携帯電話からiモードサイトやWebサイトが閲覧できたり、050番号で電話したりできる。ホームUユーザー同士がホームUエリア内で電話すると、通話料無料となる。

 ドコモによれば、最も利用されたのは2010年9月で4123契約。サービス自体の認知度に加え、スマートフォンの拡がりで「ホームU」を利用せずに自宅のWi-Fi環境を利用するユーザーが増加してきた、という環境の変化もあり、今回サービスを終了することになった。無料通話も魅力の1つではあったが、他の割引サービスにより、家族間通話料の無料化が実現しており、「ホームU」の拡充には繋がらなかった。


関連情報


(関口 聖)

2011/6/21 18:17