記事検索

Mac OS X 10.6/10.5用のJavaアップデート、脆弱性を修正


 Appleは28日、「Java for Mac OS X 10.6 Update 5」と「Java for Mac OS X 10.5 Update 10」を公開した。Mac OS X 10.6/10.5に含まれるJavaの脆弱性を修正する。Mac OS Xのソフトウェア・アップデート機能またはAppleのダウンロードサイトから入手できる。

 Java for Mac OS X 10.6 Update 5では、Java SE 6のバージョン「1.6.0_24」に見つかっている複数の脆弱性について、「1.6.0_26」にアップデートすることで対応する。

 Java for Mac OS X 10.5 Update 10では、Java SE 6をバージョン「1.6.0_26」へ、J2SE 5.0をバージョン「1.5.0_30」へアップデートする。


関連情報


(永沢 茂)

2011/6/29 17:57