記事検索

東京電力「でんき予報」提供開始、需給状況に応じて節電呼びかけ


でんき予報の表示イメージ

 東京電力株式会社は1日、同社ウェブサイトで「でんき予報」の提供を開始した。モバイル版も用意している。毎日18時をめどに、翌日のピーク時供給力および予想最大電力、需給状況に応じた節電のお願い文を掲載する。

 節電のお願い文としては、ひっ迫度の低い順に「比較的余裕のある一日となりそうです」「厳しくなることが予想されます」「大変厳しい見通しです」といったメッセージが掲載される。

 また、政府が「需給逼迫警報(仮称)」を発令するレベルでは、「電力が不足する可能性があります」といったメッセージが掲載され、9〜20時までの間、電気の使用を控えるよう呼びかける。

 このほか、従来から提供していた「電気の使用状況グラフ」は電力使用実績値を5分間隔に短縮。よりリアルタイムに電力の使用状況を把握できるようにした。

 なお、東京電力ではでんき予報の開始に伴い、電力使用状況データのCSVファイルの仕様を変更している。


関連情報


(増田 覚)

2011/7/1 13:04