記事検索

Android用Googleマップ最新版、オフライン地図やGPSによる乗り換えナビなど


 米Googleは6日、Android向けの「モバイルGoogleマップ」の新バージョン5.7をリリースしたと発表した。Android 2.1以上に対応しており、Android Marketから無料でダウンロードできる。

 新バージョンでは、公共交通機関を利用した経路でもGPSを使ったナビゲーションを利用できるようにした。乗り換え経路案内画面において、GPSによる現在地情報をもとにどのあたりにいるかを示す。また、ナビゲーション開始後、他のアプリを使用することも可能だが、乗り換え駅などが近づくと、画面上部の通知バーにアラートを表示してくれる。なお、この機能はベータ版として提供されるものだ。また、GPSを使うため、地上の交通機関での利用を推奨している。

画面右:公共交通機関利用時のナビゲーション(Google公式ブログより画像転載)

 データ通信ができない場所に行っても利用できるよう、地図データをあらかじめ端末にダウンロードしておける機能も搭載した。この機能を利用するにはまず、Googleマップのメニューの[その他]にある[Labs]で、ダウンロード地図の機能を有効にしておく必要がある。

 ダウンロードしたいエリアを表示し、地図上で長押しして表示されるメニューから[地図をダウンロード]を選択すると、16km圏内の領域が保存される。このほか、各施設などのプレイスページある[その他]メニューからも同様の操作が行える。

 ダウンロードした地図の管理・削除は、メニューの[その他]にある[キャッシュ設定]から行える。これまでも地図データをキャッシュとして端末に保存しておく機能はあったが、新バージョンでは保存しおくエリアをユーザーが管理できるようになったわけだ。

 このほか、Google Japan Blogでは8日、Android向けの「Googleマップナビ」ベータ版において、徒歩のナビゲーションに対応したことを伝えている。これまでは、車のナビゲーションにのみ対応していた。Android 2.0以上に対応する。


関連情報


(永沢 茂)

2011/7/8 19:50