記事検索

Office XP、Windows Vista SP1などのサポート期間が今日7月13日で終了


 Office XPやWindows Vista Servive Pack 1(SP1)など、複数のマイクロソフト製品のサポート期間が7月13日に終了した。今後、該当製品にはセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)が提供されなくなるため、マイクロソフトでは最新のサービスパックの適用や後継製品への移行を呼びかけている。

 日本時間7月13日にサポート期間が終了となったのは、Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Office XP、.NET Framework 3.0/3.0SP1/3.0SP2/3.5、Exchange Server 2007 SP2の各製品。

 これらの製品のうち、Office XPはサービスパック(SP)なども含めて完全にサポート期間が終了となり、今後は脆弱性が発見されても修正パッチの提供は原則として行われない。このため、ユーザーに対しては後継製品(Office 2010/2007)への移行が推奨されている。

 その他の製品は、最新のサービスパックを提供している場合にはサポート期間が続いているが、サービスパックを適用していない環境や、古いサービスパックを適用している環境に対するサポートが終了となる。マイクロソフトでは、該当製品のユーザーに対してそれぞれ、Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、.NET Framework 3.5 SP1、Exchange Server 2007 SP3の適用を推奨している。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/7/13 17:35