記事検索

佐賀県武雄市、市役所の公式サイトをFacebookページに移行


 佐賀県武雄市は8月1日正午より、市役所の公式サイトをFacebookページに完全移行する。現行のウェブサイトは閉鎖し、情報発信をFacebookページに一元化する。このような取り組みは、全国の自治体で初めてだという。

 市役所サイトのFacebookページ化事業を受託した株式会社SIIIS(福岡県福岡市)と、ECサイト構築事業などを手がける株式会社アラタナ(宮崎県宮崎市)が7月29日に発表した。

 武雄市は、市の全職員にTwitterアカウントを付与し、SNSを通じて市民とのコミュニケーションの強化を図るなど、SNSの活用に積極的。すでに今年2月にFacebookページを開設しており、現行サイトと並行して運用してきた。4月1日付で「つながる部秘書広報課」の中に「フェイスブック係」も設置している。

 Facebookページに完全移行することにより、リアルタイムの情報発信が進むほか、「いいね!」ボタンやコメントによるコミュニケーションの活性化が図れるとしている。アラタナのEC関連サービスを利用し、東日本大震災被災者への寄付がクレジットカード決済で行える募金フォームもFacebookページに設置する。

 武雄市の樋渡啓祐市長は、「日本フェイスブック学会」および「日本ツイッター学会」の会長を務めている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/7/29 14:30