記事検索

「Java SE 7」リリース、Oracleになってから初のメジャーリリース


 米Oracleは28日、「Java Platform, Standard Edition 7(Java SE 7)」をリリースしたと発表した。同社が米Sun Microsystemsを買収し、JavaプラットフォームがOracleの管理になってから最初のメジャーリリースとなる。

 Java実行環境の「Java SE Runtime Environment 7」、開発環境の「Java SE Development Kit 7」をOracleのサイトからダウンロード可能。

 Java SE 7では、必要なコードを減らすとともに、構文を明確化し読みやすくすることで、開発者のプログラミング作業を単純化、生産性の向上を図った。また、RubyやPython、JavaScriptを含むダイナミック言語のサポート改善し、JavaVMでのパフォーマンスを向上させているという。このほか、マルチコア対応のAPI、Unicode 6.0のサポートを含む国際化の強化、ネットワークとセキュリティの新機能、多数のライブラリのアップデートなどが含まれているとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/7/29 19:15