記事検索

Twitter、ユーザーの投稿画像を一覧表示する「ユーザーギャラリー」を開始


「ユーザーギャラリー」画面の例

 Twitterは22日、ユーザーが投稿した画像を一覧表示できる「ユーザーギャラリー」機能を公開した。

 「ユーザーギャラリー」は、アカウントのプロフィール画面右側にある「最近の画像」の「全てを見る」をクリックすることで利用でき、ユーザーがツイートと共に投稿した画像が時系列順に表示される。Twitter公式の画像投稿機能により投稿した画像のほか、yFrong、TwitPic、Instagramなどのサービスに投稿した画像も表示される。

 表示される画像は最大100枚で、動画のサムネイルは含まれない。また、2010年1月1日以前にツイートした画像も表示されない。

 ユーザーギャラリーの画面は、標準ではすべての画像がタイル状に並べられた形での表示となる。右上のアイコンで「詳細を見る」モードに切り替えると、上部に画像のサムネイルが並び、サムネイルをクリックすると画像とツイート内容が同時に表示されるスタイルになる。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/8/23 15:48