記事検索

PayPalをかたるフィッシングに注意、日本語の偽サイトを確認


 フィッシング対策協議会は8日、PayPalをかたるフィッシング行為を確認したと発表した。同日14時現在、一部の日本語フィッシングサイトは稼働中だとしている。

 協議会が公開した緊急情報によると、件名が「Notification」「Important, please read !」のフィッシングメールが出回っているという。本文は2パターンあり、いずれも英文。記載したURL(偽のPayPalサイト)にログインするよう促す。

 協議会では、日本のPayPalの公式サイトは、URLが「https://www.paypal.jp/」「https://www.paypal.com/jp/」「https://www.paypal-japan.com/」だと説明、これら公式ドメイン以外で「PayPal」が含まれるドメインを使ったメールを受け取った場合は注意するよう呼び掛けている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/9/8 16:16