記事検索

「Google+」のAPIが公開、外部アプリから公開情報の取得が可能に


 Googleは15日、ソーシャルネットワーク「Google+」を外部から利用するためのAPIを公開した。

 Googleでは、開発者向けサイトにGoogle+プラットフォーム専用のページを開設し、Google+の情報を外部のアプリケーションなどから利用可能にするAPIを公開。APIはHTTP要求を送ることで、JSON形式のデータを受け取れる。

 現時点では初期段階のリリースで、ユーザーが一般公開している情報のみが対象となっており、データの読み出しのみに対応する。また、Java、GWT、Python、Ruby、PHP、Objective-C、.NET向けのライブラリーも公開した。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/9/16 18:28