記事検索

「Gmail」が新デザインに〜スレッド表示改善、自動サイズ調整、HDテーマなど


 米Googleは1日、「Gmail」の新しいデザインを公開した。デザインの概要は7月に公開されていたものだ。Googleでは、新デザインを「近日中に全ユーザーに対して適用する」としている。

新デザインの「Gmail」

 Gmail利用者の多くは数日以内に新デザインを利用できるようになり、その際に右下に新デザインに切り換えるための通知が表示される。設定メニューで後から旧デザインに戻すことも可能だ。

 メールのスレッド表示には送信者のプロフィール画像が表示され、会話しているようにスレッドを閲覧できる。また、余分な表示を廃止し、メール表示面積が増えている。メール閲覧のナビゲーションには矢印キーも利用できる。

メールのスレッド表示(Gmail公式ブログより画像転載)

 新デザインでは、Gmailのさまざまな要素のサイズを調整できるようになった。大画面ディスプレイからノートPCやタブレットまで、さまざまな利用状況に対応するため、自動的にサイズが調整されるとしている。なお、右上の設定メニューから、文字などの表示間隔を「標準」「小」「最小」に変更可能だ。また、左欄最下部に表示されているアイコンをクリックすると、チャットを完全に隠すことも可能で、カスタマイズしたガジェットを表示させることもできる。さらにラベルやチャットパネルのサイズも調整可能だ。

 検索メニューにはドロップダウンリストが追加され、ドロップダウンから直接、詳細な検索やフィルター作成が可能になった。

 さらに、高解像度のHDテーマが用意された。これは、設定メニューのテーマタブから選択可能だ。HDテーマの画像は「iStockphoto」から提供を受けているという。

検索メニューのドロップダウンリスト(Gmail公式ブログより画像転載)

高解像度のHDテーマの例(Gmail公式ブログより画像転載)




関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/11/2 11:36